2012年07月31日

【FX通信】日本の失業率

こんにちは! 山谷です。



本日31日(火)に総務省が発表した日本の失業率は

4.3%と前月比0.1%低下し、

2カ月連続で改善したことがわかりました。

また、厚生労働省が発表した有効求人倍率は

前月比0.01ポイント上昇して0.82倍となり、

13カ月続けて改善したことがわかりました。


景気低迷が言われて久しい日本ですが、

雇用関係の数字は徐々に回復してきており、

今後の景気回復に期待したい状況と言えます。



それでは、

本日31日(火)の東京市場の動きです。


東京時間は

材料不足でもみ合いが続き、

ドル円は78円前半での推移となりました。



日経平均株価は

前営業日比+59.62円の

8695.06円で取引を終えています。



本日31日(火)は


16:55   ドイツ失業率

18:00   ユーロ消費者物価指数

        ユーロ失業率

21:30   カナダGDP

        米個人所得

        米個人消費支出

        米PCEコアデフレーター

22:00   米S&Pケースシラ―住宅価格指数

22:45   米シカゴ購買部協会景気指数

23:00   米消費者信頼感指数


       
が予定されています。


本日は米国の経済指標が多く予定されており、

ニューヨーク時間は値動きが出てきそうです。

しかし、明日にFOMCが控えていることで、

大きな動きにはならないと思います。



     配信解除は下記URLよりお願いします。
http://earth.zz.tc/earfx
posted by afishop08 at 16:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 迷惑メール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。