2012年11月30日

【FX通信】フィナンシャル・タイムズ

こんにちは! 山谷です。 昨日29日(木)に英紙フィナンシャル・タイムズは イングランド銀行(英中央銀行)の次期総裁に カナダ中銀のカーニー総裁が就任することを引き合いに、 日銀の新総裁も国外から招く必要があるとの見解を示しました。  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 「日銀は15年間もデフレを克服できずにいる。 新たな思考で取り組むことができるのではないだろうか」 と指摘し、外国人の起用を提案しています。 今の日本では実現できそうにないですが、 世界中が日本のデフレに懸念を持っている現れと言えそうです。 それでは、 昨日29日(木)の状況を見ていきましょう。 欧州時間は ユーロの買い戻しが活発化しました。 ユーロ円は106円後半まで上値を伸ばしました。 ニューヨーク時間は 週末に向けての調整売が目立ち、 ドル円、クロス円とも上値の重い展開になりました。 ドル円は82円前半での推移となりました。      配信解除は下記URLよりお願いします。 http://earth.zz.tc/earfx
posted by afishop08 at 11:01| 迷惑メール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。